動画メッセージ

かみまち弓子公式チャンネルの動画をご覧いただけます

















プレシャスについて


コンセプト=プレシャス


誰もが、自分の主役を生きる主役であり、太陽、月、そして、花である。。。

だからこそ、私たちは自分の心に思い描く、理想の自分を求めて、日々とどまるのではなく、進化していくことが必要とされているのではないでしょうか。

自分を大切にするように、周りの方を大切にしたい。
日々の暮らしを大切にすること、人と人とがかかわりあうときに、心からのハートフルなやりとりを心掛けること。

このことをちょっと心に留めるだけで、みんなの暮らしが、明日が、未来が、きっと、プレシャスになってくる。そう思います。

プロフィール


かみまち弓子のプロフィール


・1970年 国分寺市第一病院生まれ。
・1983年 小平市立小川東小学校(現小平元気村おがわ東)卒業
・1986年 小平市立小平第二中学校卒業
・1989年 東京都立東村山西高校卒業
・1994年 早稲田大学文学部英米文学科卒業

子ども時分から、大の本好き。
小学校時代は図書委員。
中学ではアナウンス委員。
高校では文芸部。
大学では仲間と雑誌を作りを楽しむかたわら、新聞社での原稿係りや家庭教師、イベント司会なども手掛ける。

高校生のときに、落合恵子さんの『恋は二度目からおもしろい』という本に出会う。
アナウンサー、作家、女性と子どものための本屋さん「クレヨンハウス」を青山に構えている落合さんならではの、女性が社会で働きながら生きていくには、という本を読み、ぜひに本の作り手になりたい!

その一心で大学卒業後、出版社に入り、放送局や衛星番組の紹介などを中心とした月刊誌の編集に従事。企画、取材、写真撮影、原稿作成、編集、校正、と1人6役を兼ねる。

その後、本来作りたいと思っていた女性のための書籍や生きる勇気の湧く人生本を手がける。

なによりも、社会人になって1995年3月17日の地下鉄サリン事件。宗教団体の毒ガスにより多数の死傷者を出し日本社会の信頼感を根底から覆すほどの未曾有の事件が起こったことから、私自身にも徐々に気持ちの根底に、本作りと社会作りとを結んでいきたいと痛感。

その時に、事件現場から近くに勤める出版社があったため、異臭で誰もがハンカチや布で鼻や口を覆いながら地上に苦しみながら出てくる大勢の姿や、搬送される姿をみて、日本は、この国のこれからがどうなってしまうのか、不安にさいなまれた。

自分自身に何ができるのか。。。

生きるのが大変で困難な世の中だからこそ、生き抜くためも、家族や友だちや仲間たちに大丈夫?って声を掛け合い、勇気づけあえるように、生きる勇気の湧くことばを紡いでいきたい。

それから20年。

この間に出版社の社員編集者から、市立図書館での嘱託職員を経て、出版広告の企画編集の個人事務所「プレシャス」を立ち上げ、出版物やチラシなどの出版広告物を作成。

同時にビーズアクセサリーの講師の資格を取り、10年以上生徒さん方にユザワヤ吉祥寺店、立川店、多摩センター店、多摩センター学院で教えさせていただく。

結婚、子育て、肺がんで亡くなった父の看病、東村山市内のスーパーの路上で同居する母の交通事故による後遺障がいや介護などを通して市内をもっと住みやすく、暮らしやすくできないか周りと話し合い、運輸のパート事務員に就き、物流に関わる人と交通について感じることが多数。

子育てと介護は私達の世代は重なってくることが多く、日々の生活で疲労困憊し、疲れ果て行政には補助金の申請や、書類の届出くらいしか足を運ばないことが多くなり、もっとも政治を必要とし、政治の支援が必要な世代にこそ、行き渡らない。

地域活動、保護者会を通しそんな抱え込んでいる声を共有し、行政に届けていきたい。

これからの未来をつくる子どもたちに残す社会は、今の私たちが作っている。

そんな思いから、一歩一歩、子育てと同時に、地域活動や保護者会活動の歩みを進める。

ひとりではとてもできないことでも、周りの仲間たちや多くの志を同じくするみなさんと一緒に行動することで大きな力となり、より大きな一歩へとなる。

困難な世の中だからこそ、人と人との助け合い、絆がより大切になってくる今日、保護者会活動や自治会など、子どもたちも大人たちもご年配の方もみんなで、地域の絆をより強く結びつけ合っていきたい。

83歳になる広島出身のビーズの生徒さんの

「わたしら原爆の生き残り組は、もう、戦争を繰り返させちゃいけんのです」。

その言葉を大切に胸に刻み、市井に生きる私たちと政治の距離を近づけるべく、全力投球中‼︎


生きるうえでのメインテーマは、人が人らしく生きられること

好きなことば
「至誠」「ハートフル」

座右の銘
「あなたに出会った人がだれでも前よりももっと気持ちよく 明るくなって帰れるようになさい 親切があなたの表情に まなざしに、ほほえみに 温かく声をかけることばにあらわれるように」
byマザーテレサ


「大きな夢を見ること。そして夢を追い、最後まで、実現するまで追い続けること。夢が完成するまで満足しては、いけない。成功させる方法は一つしかないとわかっていた。当たって砕けろ、とにかくやれ、ということだ」
byウオルト・ディズニー


「私は失望したとき、歴史全体を通していつも真理と愛が勝利をしたことを思い出す。暴君や殺戮者はそのときには無敵に見えるが、最終的には滅びてしまう。どんなときも、私はそれを思うのだ」byガンジー

家族構成:母、夫、11.9.7歳のこどもたちとの6人家族

趣味:読書、手芸(特にビーズアクセサリー作り)、アロマテラピー。

主宰・所属団体等


・輝く未来をつくる会代表
・出版・広告企画編集 プレシャス代表
・ 東村山・小平倫理法人会幹事/
・東村山市内保育所保護者連合会担当・つぼみ保育園保護者の会副会長
・ 東村山市立富士見小学校防犯パトロール部代表・学級連絡委員
・小学校読み聞かせボランティア
・東村山市学童保育連絡協議会富士見児童クラブ渉外担当
・東村山第七地区青少対事業部員
・DV被害・こども虐待防止を考える会 
・NPOと政府のパートナーシップを考える会


社会活動等(一部抜粋)


・リサイクルセンター建設を考える市民の会・住民投票条例請求
・DV 被害支援の会・「それってデートDV?」「DV ってなに?~ DV 被害が子どもに与える影響について」講演会司会進行
・東村山最大級!! ママフェス2013 出展
・市民産業まつり乳がん撲滅パープルリボンボランティア
・東村山市立保育園のあり方検討会検討委員
・東村山要約筆記サークル「ゆいまーる」講座受講
・社会起業家「コミュニティビジネスフォーラム2010」参加
・「こども虐待防止プロジェクト」参加
・「生ゴミゼロの暮らしを考える会」参加


講演歴


平成22年2月 東村山市倫理法人会・経営者モーニングセミナー/テーマ「ハートフルな言葉が人生を変える」
平成22年4月 小平市倫理法人会・経営者モーニングセミナー/ テーマ「人を動かす言葉のちから」
平成22年6月 東大和市倫理法人会・経営者モーニングセミナー/テーマ「私を蘇生させた『愛』の言葉」
平成22年7月 渋谷区倫理法人会・経営者モーニングセミナー/ テーマ「私を蘇生させた『愛』の言葉


資格
平成23年7月  秘書検定2級取得
平成22年9月  アドバンス カラーセラピスト取得
アロマテラピーアドバイザー取得
平成17年7月  カラーコーディネーター3級取得    
平成17年3月  ユザワヤ芸術学院ビーズアクセサリー講師看板取得
平成17年11月 日本漢字能力検定準1級取得 
昭和62 年1月  英語検定2級取得    
  








弓子誕生
弓子誕生

幼稚園時代
幼稚園時代

小学校時代
小学校時代、手芸部(長)。手芸が大好きです。

中学校時代
高校時代(真ん中)。八ヶ岳にて。

高校時代
高校時代、図書委員(左端)で文芸部。

大学時代1
早稲田大学へ入学

大学時代2
大学時代の1コマ

編集者時代
編集者として。社員時代は仕事が忙しすぎて写真が殆ど残っていません。



母として。。。公園の夏祭りにて。

yumiko_mini.jpg
輝く未来を、あなたと、一緒につくっていきたいと思います。

出版・広告プロデュース

人生に役立つ出版物から企業様、個人の記録誌作り、印象的なチラシ広告宣伝制作物を作成いたします。


書籍の企画・編集


女性向けの書籍や、アツい自己啓発本の企画・編集をさせていただいてる私がこれまでにプロデュースした100冊以上の刊行物のうち、書籍の一部をご紹介させて頂きます。



桜井 章一、 よしもとばなな 『すこやかな生き方のすすめ』(廣済堂出版)


☆異色のコンビによる初にして待望の対談集


すこやかな生き方のすすめ


麻雀の世界で20年間無敗、「雀鬼」の異名をとる桜井章一氏と、人気作家・よしもとばなな氏が、生きること、死ぬこと、若者のこと、恋愛のこと等、さまざまなことを語りつくしました。伝説の勝負師と言葉の名手のおふたりの対話は、困難な時代をやわらかく生き抜くためのヒントに溢れています。異色のコンビ、初にして待望の対談集。



藤波 源信 『もし、生きることに悩んでいるなら』(廣済堂出版)


☆苦難の時代にどう生きるべきか


もし、生きることに悩んでいるなら


千日回峰行の満行を果たし、天台宗の大阿闍梨として比叡山山麓・飯室谷松禅院の自坊で日々加持を行なう著者が、苦難の時代にどう生きるべきかを説く。仕事や人生に疲れた心が癒される慈雨な言葉の数々は、サラリーマン経験を持つ住職ならではのもの。生き方に迷い、悩みを持っているすべての人に贈る本。



桜井 章一 『そんなこと、気にするな』(廣済堂新書)


☆弱い人ほど、強く生きられる


そんなこと、気にするな



<アマゾンカスタマーレビューより>

逆説的人生論。
凡俗の言説と異なり、新鮮だが奇抜ではなくわかれば大地に足を下ろした自然な論であることに気づく。
すでに数冊よんでいるが、毎回新しい発見がある。氏の代うち時代を描いたとされる小説をよみ、ビデオをみて、麻雀という4人で長時間うつ場と氏の言説が密接な関係があることがわかり、納得。



柴門ふみ監修 『もういちど〝さよなら〟が言いたくて』(大和書房)


>☆すべての“さよなら”には、ドラマがあるーー。


別れたあの人に、その時言えなかったこと、今なら言えることーー3000余通の応募の中から心に響く119編を収録。


もういちど〝さよなら〟が言いたくて

<アマゾンカスタマーレビューより>

☆アマゾンカスタマーレビューより
「タイトルに惹かれて読んでみました。
読み終わった時「感動」の一言。
それしか言葉が出ませんでした。
是非機会があれば読んで頂きたい本です」




神岡 学 『よわむしのいきかた』(大和書房)


☆おかげさまで新装版含め約20万部の出版部数となっています


よわむしのいきかた。



<アマゾンカスタマーレビューより>

落ちてる時は自分の事ばかり気にしてると教えられ、逃げちゃ駄目だと不毛にがんばって苦しんでいたら、逃げてもいい、と感じ思う時間が必要だと教えられた。

定期的に読み返しては励まされる。

挫折を味わっている時に読んでは励まされる。

そんな一冊です。



神岡 学 『なきむしハート』(なごみブックス)(洋泉社)


☆作者のとてもあたたかな励ましの本です


なきむしハート



<アマゾンカスタマーレビューより>

同じ著者の『よわむしのいきかた。』をずっと大事に持ってた私は、本屋さんで見てすっかりうれしくなりました。今度の主人公はかたつむりの「なきむしくん」。ところどころ「よわむしくん」も出てきたりして、すっごくかわいい。でもかわいいだけじゃなくて、力強く励ましてくれるところは、『よわむし』といっしょです。クリスマスプレゼントとして、友だちに贈りたくなりました。



竹本 聖 『手をつないで眠ろう』(廣済堂出版)


☆顔も名前も変わって、それぞれの場所で生まれ変わったとしたら…それでもまた会えるかな?…ちょっぴりせつなくていとおしい恋人たちの物語。お蔭様で増刷を重ねています


手をつないで眠ろう。



<アマゾンカスタマーレビューより>

ホワイトデーに彼女と自分用に二冊買いました。先に読んだけど読む度に涙が出ました。四月から遠距離になるけどこの本を読めば絶対出会った時からの事を考えるので相手に気持ちが伝わると思います(^O^)彼女もしくわ彼氏にホントに会えてよかったと絶対思えますよ。



竹本 聖 『あなたがいるからできること。』(廣済堂出版)


☆大切なひとへのプレゼントにも最適な、イラスト&メッセージブック。カヴァー表紙に本体表紙のイラストが覗ける穴があいてます。こちらもお蔭様で増刷を重ねています


あなたがいるからできること。



<アマゾンカスタマーレビューより>

男女に関係なく、大切な人がいる方にお勧めします。

恋人なんていらないやって人も、恋人が欲しくなるかも!



竹本 聖 『たいせつなひと。』(廣済堂出版)


☆どうして私たちは おたがいのことを好きになったんだろう? 生まれたときから 体の中に磁石がうめこまれていたみたいに。おたがいに引かれあって。恋人たちの日常を描いたハートフルな大人のための絵本です


たいせつなひと。



<アマゾンカスタマーレビューより>

普段一緒にいると忘れてしまいがちな「大切に想う気持ち」。この本を読むとそれを思いだし、胸がいっぱいになって涙がこぼれちゃいます。あぁ、彼をこんなに必要としているんだと実感させられます。彼も彼なりに、色々考えさせられたようで……本が苦手な男性でも読みやすいと思うので、最近マンネリがちなカップル&ご夫婦さん!この本を読み合ってお互いの大切さを見直してみては?



竹本 聖 LOVE LETTER ~愛するあなたへ~』(廣済堂出版)


☆愛をこめて。こころに響く『愛』のメッセージ集です


LOVE LETTER ~愛するあなたへ~



<アマゾンカスタマーレビューより>

同自分の命を賭けてでも守りたい人がいるということの究極の幸せが伝わってきます。ここまで綺麗な気持ちになれた本との出会いは初めて! こんな本、プレゼントされたらうれしいだろうなー。本気さや覚悟が伝わってくる「超」純粋な一冊です。



竹本 聖 『あなたとわたしのハーモニー』(廣済堂出版)


☆顔も名前も変わって、それぞれの場所で生まれ変わったとしたら、それでもまた会えるかな?――ベスト&ロングセラー『ありがとう。の本』シリーズの著者が贈る、恋人たちの日常を温かい視線で描いた人気シリーズの最新刊です


あなたとわたしのハーモニー



ごとうやすゆき 『ピュア・ソウルへの手紙』(洋泉社)


☆目を閉じて、のぞきこんだら、そこで何かが光っていました・・・。分析したり、言い訳したり、嘘をついたり、ごまかしたり。そんな「しごと」に時間を費やして疲れきってしまうより、今、ここにある自分の「いのち」をせいいっぱい生きよう。答はいつも「そこ」にある。たくさん。そして、ひとつだけ。


ピュア・ソウルへの手紙



広告物の企画・編集


東村山情報誌 ゆうYOU


地元東村山市の情報誌の編集・デザインをさせていただきました


ゆうYOU

東村山・小平倫理講演会 案内チラシ


東村山・小平倫理法人会が主催する講演会の案内チラシを作成しました


倫理講演会2015

東村山・小平倫理講演会 10周年記念講演会 案内チラシ


東村山・小平倫理法人会が主催の10周年記念講演会にあたり、案内チラシを作成しました


東村山・小平倫法人会10周年記念講演会>

菓子処あかぎ様のお菓子紹介リーフ


久米川にもある和菓子屋さんのあかぎ様からのご依頼でお菓子の紹介リーフレットを作成させて頂きました。


和菓子紹介リーフ