リサイクルセンター建設是非を住民投票で!



12億円もの東村山市の税金を使ってリサイクルセンターを建設することに意味があるのかどうなのか、住民投票で決めたい!ということを求める直接請求にご賛同される方、ぜひ署名や活動にご協力ください。

かみまち弓子の東村山日記

保育園交流会

日曜日の保育園交流会は、天気に恵まれ園全体とクラス交流とも、なごやかに楽しく過ごせたようで、一安心です。



かみまち弓子の東村山日記

読毎東京新聞にも記事掲載されました



昨日のリサイクルセンター建設の見直しを求める記者発表が、本日の読売、毎日、東京新聞にも掲載され、取材にお来し頂いた各紙に載りました。

早速今日の夕方から久米川駅南口で駅頭の街宣をしに集まったものの、雨で早々に引き上げましたが、これからの一ヶ月間、みなさんに知ってもらい、是非を問いたいと思います。

かみまち弓子の東村山日記

リサイクルセンター見直し記者発表内容が朝日多摩版で!



昨日の東村山市秋水園リサイクルセンター建設の見直しを求める記者発表が、本日の朝日新聞多摩版で大きく取り上げられています。

さて、これからだわ

かみまち弓子の東村山市日記

記者発表には、朝毎読東の四社が集結

今日は雹が打ち付けるものすごい天気でしたね。みなさん、大丈夫でしたか。

雹の後の大雨のなか、東村山市秋水園リサイクルセンターを見直す、「東村山市住民投票条例制定の直接請求」の記者発表には、朝日、毎日、読売、東京新聞記者の方にお越し頂きました。

市民と議員、双方ともに、この市を良くし、もっときちんと声を聴き、耳を傾ける行政になってもらうべく、12億円!という巨額の税金を投じるリサイクルセンターの見直しを、求めていきたいと思います。

かみまち弓子の東村山市日記

東村山 秋水園リサイクルセンターの建設を白紙に!

東村山は、財政難の市なので、母の介護保険代は高く、公民館を借りようとしても、料金が高く、保育園や学童の待機児童もいまだに解消されていないのに、なんと12億円という莫大な金額で、リサイクルセンターを建設しようとしています。

市議会や委員会をここ数年傍聴している私としては、市民として予算がかってに通過し、ただ指をくわえて傍観しているだけなんて、できないし、周りのママ友達と話していても、おかしいよね、と話しています。

市議会の議員団も、他市のゴミ問題の施設を視察に行ったり、外部委託などの方法も含め、議会に提案しても、市長や行政はスルーで、まるで急いで予算だけ通過させているかのよう。

だったら、もう一回、みんなでこのこと、考えなおしてみない!?ということで、住民投票条例制定の直接請求を他の世話人の方々ともに行うことにしました。先立って本日午後4時から記者発表をすることに。

ハコモノを作るよりも、子育てやふだんの暮らしの支援に、大事な税金が使ってほしい!!

みんなで行政の方針や動きに、たえずチェックと必要とあれば行動をとっていきましょう。

かみまち弓子の東村山日記




進む力・守る勇気・音楽とともに

今週の水曜日の東村山市倫理法人会 経営者モーニングセミナー(5月23日(水)6:30~7:30八坂神社)の内容です。

講師は 声楽家、ソプラノ歌手 澤田 理絵さん、テーマは「進む力・守る勇気・音楽とともに」です。

父母とも視覚障がいで、自分自身、光の明るさ・暗さを感じるだけの視覚。
12歳で九州から上京し、筑波大附属中学校に入学。高校までは盲学校でバリアがなかったが、大学では音楽大学に進学し、全ての教科書を音読してもらうか、点字に直してもらわないとならずに、そこで社会のバリアを感じたそうです。

卒業後音楽業界に入っても、仕事はすぐにはなく、昼寝と勉強ばかりで焦る日々。そんななか知り合いの言ってくれた「いまは神様がくれた休憩時間」という言葉に救われます。

仕事というのは、音楽の場合なおさらかもしれないが、口コミが何よりも大事。人脈に支えられ、様々な場所で歌う機会に恵まれている。

家庭は一番小さな社会。現在母として二人の娘を育てながらうまく動かしていくことのやりがいと難しさを感じ、
同じような境遇に身を置く者たちは、誰かの力をどうしても借りなくてはならないといけないのです。基本的にはみんなと同じ生活を送りたいと思っていることを、多くの人たちに感じしてほしい。


こう語る澤田さんは、さすがに声もきれいで、話しのテンポもとても良い上に歯切れよく、前に進んでいくパワーを感じる方でした。

日々の暮らしの中、時には折れそうな心を抱えながらも私たちは生きているわけで、どんな状況でも、決してあきらめず、くじけずに生きぬいていくことの大事さを痛感。

さて、明後日日曜日の保育園の交流会、無事いきますように!!
かみまち弓子の東村山日記 

浄水場西門にガードレール設置





通学路にもかかわらず、車が速度を落とさずに走行し、危険ゾーンの浄水場西門前。

ガードレールが設置され、今後半年から一年以内に横断歩道も設置される予定です。

早速看板が取り付けられており、地域の防犯パトロール班長会などで保護者たちが学校や市に働きかけたチカラです。

それにはまず、母たちみんなで、危ないよね、どうにかしたいよね、と話し合っていたことが発端です。

地域の安全は、まず自分たちでやり、さらに行政にも動いてもらわないと!

かみまち弓子の東村山日記

緑の祭典

少し前ですが、4月29日に東村山市中央公園で緑の祭典が開催されました。

当日はお天気も良く、フリーマーケットで賑わっていたり、子どもや大人のダンスサークルの披露もあり、それぞれの年齢層や知り合いたちが熱く身守りました。







かみまち弓子の東村山日記

母の日に子どもまつり

今日は母の日ですが、市内の廻田小学校で開催された子どもまつりに、自転車の前と後ろに2人乗せ、行ってきました。





富士見小学校学童からも、くつ飛ばしゲームで出展し、家族も朝から当番で入っていたり、つぼみ保育園のママさんの太鼓サークルも出たりと、みんなで盛り上げていました。





最後は児童たちが描いた気球をみんなで高く飛ばしました。気球が破れてしまいましたが、子どもたちは破れた気球に殺到し、触りまくり。

何でも遊びにしてしまう、天才たちでした。

かみまち弓子の東村山日記

初めてのお能

5月に入り、仕事以外でも子どもの小学校や保育園の役員仕事などの続く日々で、ブログ更新が久しぶりになってしまいましたが(=^x^=)、先日家族の仕事の手伝いで、日本庭園でお能を見てきました。

衣装を着付けるところから舞まで。初めて見るお能、笛、太鼓に鳥肌が立つほど魅せられるものが。

日本文化、やっぱり大切にしていきたいですね。






かみまち弓子の東村山日記

倫理セミナーと美住町防犯パトロール



今朝は倫理法人会モーニングセミナー、そして、美住町の防犯パトロール。子どもたちが大きなカタツムリを見つけました(((o(*゚▽゚*)o)))

良い一日を!

かみまち弓子の東村山市日記