東村山倫理で会員スピーチ

2012年8月29日(水) 東村山市倫理法人会 経営者モーニングセミナーで会員スピーチをしました。 

人生エッセイなどの書籍の出版企画・編集の仕事や、カルチャースクールや保育園などでビーズアクセサリーの講習を「プレシャス」という事務所名で行っています。

またPTA活動や地域活動を通し、気持ちと気持ちのつながる東村山の町づくりを皆さんと一緒にしていきたいと思います。

P1130723.jpg
でも、学研の仕事(パート)のこと、いい漏れちゃったな(>人<;)

次回は東村山と小平が合同になり「東村山・小平倫理法人会」として初のモーニングセミナー。9月5日(水)朝6時半から八坂神社で、講師 東村山・小平倫理法人会 相談役 法人レクチャラー 相羽建設㈱ 取締役会長 相羽 正さんです。

かみまち弓子の東村山日記

東村山リサイクルセンター建設へ強固に行政邁進

東村山リサイクルセンター建設を住民投票で決めよう!の、直接請求を求める議案、今日の臨時議会で、賛成10.反対14で、敗れました。

ここ数年傍聴してきた市議会、行政。今日は、心底、酷かった。また後日報告します。ひとまず結果のみお伝えします。文字色

行政や推進派の情報の出し方、シナリオの描き方に背筋が凍りつくものが…。

こうして民意や市民の声はかき消され、世論を誘導していくのだと意見陳述、および傍聴で始めから終わりまで6時間議場にいて痛感。

声は、上げ続けなくては!

かみまち弓子の東村山日記

明日のリサイクルセンター意見陳述に向け直接請求者最終会議

今日も暑いなか、一日みなさんお疲れ様でした☆保育園にお迎えの後遅れて参加した、明日10時からのリサイクルセンター建設を問う議会傍聴呼び掛けの街宣でした。市民の会の盛り上がりを実感。

その後は、直接請求者会議で、明日の意見陳述に向け、最終チェックをみんなでしました。まだ扁桃腺腫れて痛いけど、がんばります!


写真は東村山市内で採れたてのいちじくです。

かみまち弓子の東村山日記

明日の東村山市臨時議会はリサイクルセンター住民投票条例の決議!

いよいよ8月も終わりに近づいてますが、昨日は何とも不甲斐なく40度近く熱が出て、動けませんでしたm(_ _)m。

今日は朝7時から、明日のリサイクルセンター建設の住民投票決議の傍聴を呼び掛ける街宣を、東村山駅西口で市民の会でしています。

そして夕方5時からは久米川駅南口で最後の街宣です。

住民投票条例制定に向けて、意見陳述人三名で思いを話します。

傍聴は、市内市外を問わずできますので、明日の傍聴来てくださいね!

かみまち弓子の東村山日記

東京都倫理30周年

東京都倫理法人会30周年記念パーティが新宿京王プラザホテルで開催され、各地から来賓の方々をお招きし、開催されました。

「日本人としての誇りを倫理法人会は大事にされている」と石原都知事からの祝電や世田谷区の会員でもあられる小宮山洋子衆議院議員の挨拶があり、美しい地域社会の達成と、心の経営を目指すネットワークとしての繋がりをアツく再確認した一日でした。

倫理法人会は全国で680の単会があり、会員数は65000社。内、東京都は全国で一番大きく、54単会、3700社が入っています。

165万部の発行部数の小冊子「職場の教養」が、よく知られてます。

写真 (4)



かみまち弓子の東村山日記

東村山臨時議会がスタート!リサイクルセンター

リサイクルセンター建設の是非を住民投票で問う東村山市臨時議会初日。たくさんの方が傍聴され、市長の意見書に聴き入り、傍聴席からはため息があちらこちらで。

私は請願と要望書を直接請求者で市に提出し、保護連の会長、ととちゃんと傍聴しました(私も保護連担当ですm(_ _)m)

何でこんなに金額かかるの?と、至極妥当で最もな意見があちこちで聞かれます。ほんっとにフシギ。もっと安くコンパクトにしてほしいだけなのに。

意見陳述に向けてさらにそれぞれの思いを強く話し合いました。みんなの思いをすこしでも伝えたい。

意見陳述と採決は、8月28日火曜日午前10時から本会議場です!

みんなで私たちの暮らしを決める場面、しっかり見届けに行きましょう!

傍聴は市外市内の方々、大丈夫ですからね(^_−)−☆



かみまち弓子の東村山日記

障がい者雇用について~東村山倫理

昨日の東村山市倫理法人会モーニングセミナーは、らっこの会 東村山 困っている子ども達を応援する親の会 代表の土崎 幸恵さんでした。

P1040772.jpg


同い年で3人の子の母の土崎さん。テーマは「障がい者雇用について~発達障がい者を雇用するとは~」です。

発達障がいとは、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障がい、学習障がい、注意欠陥多動性障がい、その他のこれに類する脳機能障がいであってその症状が通常低年齢において発現するもの」と発達障害支援法 第二条に書かれています。

厚労省の調査では、通常級に6%、1クラスにつき3、4人含まれているというデータも。

発達障がいは、コミュニケーション能力が衰えるが、IQが120以上の子ども達も少なくありません。

昔は「しつけがなっていない」などと言われ、家の中に閉じこもり家族だけで育て、見る状態が多かったものの、家の中だけで見るには限りがあり、地域と関わり、みんなで共に学び、共に育ち、共に取り組むこと、支援を心から必要としています。

23年6月1日現在障がい者人口は約744.3万人いるといわれ、どうせなら、社会に一人でも多く出し、納税者となってほしい。

ユニクロなど障がい者雇用を重視している会社で、わかりやすい言葉で話そうと社員同士や上司が務めることで、社内が活性化し、雰囲気やチームワークが良くなったという報告が多く寄せられています。

「あせらず」「あわてず」「あきらめず」障がい特性についての情報をオープンにし相互扶助が必要。

                *
以前話してくれた「子どもたちを見てくれる人たちが増えていく社会にしたい」と語ったその姿。少しでも多くの人たちで共有していきたいと思います。

かみまち弓子の東村山日記




リサイクルセンターをめぐる東村山市臨時議会明日10時から

東村山リサイクルセンター建設について、要望書と請願を準備。東村山市臨時議会は明日10時からです!

みなさん、市役所五階で手続きし、本会議場に傍聴しに行きましょうね。

地方自治を考えるのは、何もおカタク考えなくても、とにかくみんなの気持ちと声を行政に伝え、届けること。それが何よりも大事なことですね


かみまち弓子の東村山日記

東村山リサイクルセンター直接請求者会議

多摩センターユザワヤでのビーズ講習の後、東村山リサイクルセンター建設を考える市民の会、直接請求者会議を市民センターでしてきました。

みんなの熱い思いと気持ちをそれぞれ語り合い、共有!!

市民の声を、きちんと聴いてくれる耳を行政には望みたい。それが、ほんとうの声なのだから。。。

かみまち弓子の東村山日記

多摩センターユザワヤでビーズ講習会

今日は多摩センターユザワヤでビーズ講習会でした。

春からオープンしたてで、店頭講習会を初めて開くとあり、講習の工具も何もない、ゼロからのスタートで、ちょっとドキドキ









かみまち弓子の東村山日記

こじんまりとした講習会場ながら、他の会場でも来てくださってる方や初参加の方、それぞれ秋テイストの作品を楽しそうに仕上げてらっしゃいました♪

よかったと胸を撫で下ろした講習でした。

人を動かすときはまず自分から動け!東村山倫理

2012年8月15日(水) 6:30~7:30八坂神社に於いて東村山市倫理法人会 経営者モーニングセミナーが開催されたご紹介を。

講師は北区倫理法人会 会長 秀宝館 館長 ふじた 秀宝さん。テーマは「風を読む ~乾坤の世界(陰と陽)~」です。
79503b89336f9b3096c37cb63c3a9182.jpg

知識の「知恵」や「智恵」も大事ながら、天からの教え、直観力である「智慧」を磨く。“誰が見てなくともお天道様が見ている”という古から伝わる言い回し通り、智慧に裏打ちされた判断力は、物事を決断する際、確かなものとなる。

人より苦労すればするだけ智慧はつくとのことです。

モットーをされている、お父上からの教え「人を動かすときは、まず自分から動け」!素晴らしい☆

次回のモーニングセミナーは2012年8月22日(水)
講師 らっこの会 東村山 困っている子ども達を応援する親の会 代表 土崎 幸恵 さん。
テーマ 「障がい者雇用について~発達障がい者を雇用するとは~」 です。頑張り屋さんの土崎さんに、みなさん会いに聴きにいらしてくださいね。

かみまち弓子の東村山日記



東村山リサイクルセンター建設署名簿提出し、臨時議会が開かれます

6136名(有効署名数5775名)のリサイクルセンター建設の是非を問う、東村山市住民投票条例制定の直接請求を求める署名簿を本請求したことを受け、東村山市臨時議会が下記の通り開かれます。

DSC00781_convert_20120818141718.jpg

<臨時議会日程のお知らせ>東村山市役所本庁舎5階 議場にて
8月23日(木)10:00から議案説明等。市長が意見書をつけて話します。
8月28日(火)10:00から請求代表者からの意見陳述。その後、議案審議


みんなの目で耳で、私達市民の声、市長の話すこと、市議会のやり取りを聞きにきてください。みなさんの気持ちを声を届けに、請求代表者の意見陳述人として私も出ます。

かみまち弓子の東村山日記

東村山市のゴミ処理場秋水園を見学

前日東村山市内のゴミを処理する施設、東村山市秋津町4丁目17番地1(電話:市役所代表:042-393-5111(内線2622~2624))にある、秋水園に行ってた様子を報告します。Twitterには、連動しなかったので、後から入れます。

ペットボトル減容施設のペットボトルライン。フタなどを選別し、圧縮しています。







木でできた粗大ゴミはこうして破砕されます。


カレットストックヤードでは、透明、緑、その他に色分けしたビンをカレット(割れたビン)ごとに3つに分けています。


各家庭のゴミは、こうして一箇所に集められます。


攪拌した上で焼却施設に回され処理されます。
写真 (2)

ここがいまリサイクルセンター建設問題で議論の対象になっているリサイクル作業場です。


ビンや缶を種類ごとに選別。


騒音の元と云われているホイルローダー。
DSC00788.jpg


仲間のママ友達が子どもたちと描いたとんぼ工房前の壁画。貝殻なども貼りつき、可愛らしい感じです。
写真 (3)


ここに市が12億円もの税金を使ってリサイクルセンターを建てようとしているわけですが、今の施設をリフォームなどして使うこと、豪華な施設でなく、もっとスリムにコンパクトにできるのではと実感。

市民の税金はふだんの暮らしに大切に使ってほしい!と切に思いました。

かみまち弓子の東村山日記

今こそ大事!私たち日本の昔ばなし

テレビ東京系で日曜日朝9時から放映している『ふるさと再生日本の昔ばなし』を知ってますか?

私たち世代にはまんが日本昔ばなしに似たテイストの、ほのぼのアニメです。

ホームページや番組紹介を見てみると、こうあります。

「私たちの現在ある生活、文化は、昔から代々人々が築き上げてきたものの進化の上にあります。

日本、ふるさと再生へ私たちが一歩を踏み出すために、これからの未来のために、今こそ新たに伝えたい私たち日本の昔ばなし」

そうそう!大事にしたい、昔からの暮らし!

かみまち弓子の東村山日記

ちょっと待った!東村山秋水園リサイクルセンター建設

「ちょっと待った!東村山秋水園リサイクルセンター建設」
東村山市が進める秋水園リサイクルセンター建設計画について、もう一度考えてもらうための情報サイトをご紹介します。

リサイクルセンター建設のコスト


ちょっと待った!秋水園リサイクルセンター建設 はこちら



かみまち弓子の東村山日記

ビーズ講習会

昨日は立川ユザワヤでビーズ講習会でした。オリンピックでみなさん寝不足気味

夏休みということでお子さん連れから外国の方まで午前、午後お越し頂いた皆さんの作品を中心にUPします










物をガンガン消費するのが国の繁栄だなんていうのは、一昔前の話。手作りする時間と思いとリサイクルする気持ちを大切に紡いでいきたいですね。


かみまち弓子の東村山日記

ハンセン病施設~全生園を訪ねて

先日、東村山市青葉町にあるハンセン病施設・全生園に行ってきました。



園内は352,796㎡と、とても広大な敷地が区画整理され、家々から近代的な建物、スーパーや郵便局、各宗教施設などが整然と建ち並んでいました。


この7月から園内の敷地に、保育園が設置され、施設の方々と園児との交流もはかられています。

施設に長いこといらっしゃる女性の方のお話しの、園児と一緒に遊び交流をすることで、これからの子どもたちにも、ハンセン病のことを知ってほしいと静かに、そして情熱を携えて語る姿、その言葉がただただ深く胸に刻まれました。






かみまち弓子の東村山日記

東村山リサイクルセンター建設は住民投票で!の署名簿本請求、掲載新聞記事

リサイクルセンター建設は住民投票で考える直接請求の署名簿を本請求したことを伝える8月7日付けの朝刊新聞記事。

fc2blog_20120809062015924.jpg
東京新聞。

fc2blog_2012080906195266f.jpg
毎日新聞。

fc2blog_201208090619293d5.jpg
読売新聞。

かみまち弓子の東村山日記

東村山リサイクルセンターを考える市民の会掲載新聞記事

東村山リサイクルセンターを考える市民の会としての記者発と取材を受けた掲載新聞記事です。

fc2blog_20120809052856241.jpg
毎日新聞7月4日朝刊。


fc2blog_20120809052840d8b.jpg
東京新聞7月7日朝刊。

fc2blog_201208090536387bc.jpg
読売新聞7月7日朝刊。

fc2blog_20120809053049527.jpg
朝日新聞7月7日朝刊。

かみまち弓子の東村山日記

ごみ見聞録に対する抗議文を市に提出

12億円もの巨額の税金を使って東村山市が推し進めようとしている東村山市リサイクルセンター。それに対し、私たち市民で住民投票で決めよう!の直接請求をしている最中だというのに、8月1日臨時号の『ごみ見聞録』では、市民の声が挙げらているこ事実の一切の記述もなく、建設計画案が進められていることが、あたかも決定されているように記述されています。

そのことについて、私たちリサクルセンターを考える市民の会と、東村山市議会環境建設委員との合同で、市に対する抗議文を提出しました。

市民の会のチラシの掲示は断り、時機を見計らって市がこうした資源環境部付けであまねく個別配布することで、情報の出し方の操作が懸念されます。

市長はあいにく「会議中」とのことで、秘書課に提出しました。

fc2blog_20120809044531c62.jpg



fc2blog_20120809044220af1.jpg



                      2012年8月7日

東村山市長 渡部尚様
                 リサイクルセンターを考える市民の会
          東村山市議会議員 朝木 直子
奥谷 浩一
島崎 よう子
山口 みよ

「ごみ見聞録」8月1日臨時号に対する抗議

リサイクルセンター建設計画は、東村山市議会で検討されてきましたが、市から提供された資料によって、もっとスリムに、もっとコンパクトに、そしてもっと安くできることが明らかであると、私どもは考えています。にもかかわらず、市長は、リサイクルセンター建設計画は一部修正しただけで12億円もの巨額の税金を投入してすすめようとしています。
それに対し、私たち市民はこの『リサイクルセンター建設』を認めるか否かを住民投票で決めることが、東村山市民にとって極めて緊急かつ重大な課題であると考え、必要な条例の制定を請求するための署名活動を本年6月1日から7月1日まで行いました。
その結果、直接請求に必要な署名数2487名の約2.3倍もの5775名の署名をいただくことができ、署名縦覧期間を経て住民投票条例の本請求を提出いたしました。
しかし、市から発行された『ごみ見聞録』8月1日臨時号では、上述のように市民から建設に対して異議が出され、それを受けて市長が6月の所信表明で「(リサイクルセンター建設の可否についての)住民投票条例については署名の状況によっては市議会にお諮りする」と述べているのに、その事実は一切掲載されておらず、このまま市の建設計画案ですすめていくことが、あたかも決定されているように記述されています。
また巨額の税金が費消される事業であるにも関わらず、財政負担についての説明も一切なく、私たち市民へ必要な情報を周知する義務のある行政側の責務を怠っていると言わざると得ません。
財政の逼迫を理由に、私たち市民はさまざまな「我慢」を強いられている中、これだけの税金を費消するのであれば、客観的な情報開示と、その上で市民の声に耳を傾けるのが自治基本条例を推進している渡部市長はじめ、行政側の義務であるはずです。
8月6日に提出された直接請求は地方自治法に則り、今後8月下旬に渡部市長は住民投票条例の議案を上程し、臨時議会で審議される運びです。『ごみ見聞録』8月1日臨時号ではこのことにも全く触れていません。臨時議会での審議がまだ行われていない段階で、市長の建設案をこのまま進めるという考えは、二元代表制である議会の存在をないがしろにするものといわざるを得ません。
私たち市民の会および東村山市議会議員有志は、『ごみ見聞録』臨時号の記述のあり方に、強く抗議します。
東村山市ホームページや市報を通じて、陳謝とともに必要な情報を市民に開示するよう求めるものです。


かみまち弓子の東村山日記