ユザワヤ芸術学院春の作品展



3月29.30日にユザワヤ芸術学院多摩センター校で開催された春期作品展の展示作品です。















ビーズアクセサリー科を受け持たせて頂いているなかで、生徒さんがメキメキ腕を上げているのが嬉しい思いです。

かみまち弓子の東村山日記

東京都倫理法人会・女性経営者のつどい「可能性に向かって」

平成26年度東京都倫理法人会・女性経営者のつどいが2月22日土曜日14時~倫理文化センター2階ホールにて開催されました。今年のテーマは「可能性に向かって~Hapiness Dream輝いて幸せに生きるには…~」。


委員長からのご挨拶から始まり、講演第一部はスペシャルゲストとして株式会社菓匠Shimizu 代表取締役 シェフパティシエ 特定非営利法人 Dream Cake Project 理事長の清水 慎一氏をお迎えしました。

 清水さんにお話頂いたテーマは、『菓子創りは夢創り~大切なことを大切にするチーム組織創り~』。
パティシエとして、また経営者として「あきらめなければ夢は必ず叶う」というモットーのもと、毎日スタッフに「僕たちは、君たちは何のために働くのか」「何のために、誰のために菓子を作るのか」問いかけながら、売り上げ目標も、マニュアルもないなか、ただただ、今目の前にいる人にどれだけの優しさを込められるか、その思いをケーキに込めているーー。清水さんの熱い語り口とその真摯な思いに、会場内は涙と大きな拍手に包まれました。

そして第二部は今年のテーマである『可能性に向かって』と題しまして、一般社団法人 倫理研究所 法人アドバイザー 宮井 ヱイ子 先生のご講話。決意したら心の中からほとばしる強い信念に基づき、大きな希望を持って、利他の精神で社会貢献し、生命の尊厳を日々大切にすることが大事であるとのお話しでした。

307名のご来場者の方々に向け、女性委員から「アンパンマンのマーチ」の歌を贈らせて頂きました。

写真は当日わたしも女性委員として参加し、記事を作成させて頂いた今日届いたばかりの掲載誌、GOOD MORNING4月号と、職場の教養です。



かみまち弓子の東村山日記

ユザワヤ芸術学院多摩センター校作品展3月29.30日



今週土日、3月29.30日に多摩センターユザワヤ芸術学院で春の作品展があります。

ビーズ、洋裁、編み物、色々な作品が展示されます。



かみまち弓子の東村山日記

江戸凧東村山小平倫理



毎週水曜日朝6時半から八坂神社で開催する東村山小平倫理法人会モーニングセミナーは、150名の会員から成る江戸凧むらさき会代表の濱野敏郎さんでした。

67名の方々にご参加頂き、骨組みまで詳しく説明して頂きました。

また3月21祝日に東大和ハミングホール小ホールで行なわれるファミリーコンサートの主催者NPO法人ポポロの方、また5月11日曜に、東村山おんた小学校で行なわれる第38回こどもまつりの事務局長中村えみちゃんも来てくれました。

3月19日早朝東村山小平倫理は江戸凧職人









明日朝6時半から八坂神社で開催する東村山小平倫理法人会モーニングセミナーは、NHK大河ドラマにも使われた江戸凧作りの濱野敏郎さんです!

みなさまのご来場お待ちしております。

かみまち弓子の東村山日記

総会に向けて議案書作成中



保育園や学童、総会に向けて議案書作成まっただなか。

印刷、閉じをして総会に備えます。

かみまち弓子の東村山日記

第10回ヘルシーソサエティ賞受賞者


先日の第10回ヘルシーソサエティ賞受賞者を抜粋して当日配られたパンフレットから掲載します。

様々な活動を、国内外でされてらっしゃいます。














かみまち弓子の東村山日記

ももたろうペープサート

ホワイトデーの昨日、朝の小学校での読み聞かせ年度末ラストは、ももたろうのペープサートでした。

ペープサートは、登場人物の顔の絵に割りばしなどで軸を付けたものですが、ママたちが熱心に演じてくださり、子どもたちも大興奮でした。

足をケガした長女を、小学校まで毎朝送ってから仕事に入るので、今日は私は読み聞かせ見守り隊員でしたが、子どもも大人も、読み聞かせは楽しめますね。

夕方には地区の防犯会議で、家の前に集合し、防犯パトロール班体制を見直し、朝、夕方で地域みんなで回れるように班長さんを中心に話し合いました。



写真のお花は国立でお花屋さん、あお空花店を営む友人が送ってくれたものです。

春のあたたかさを感じます。



チョコはお隣さんの作品!すごいです☆

かみまち弓子の東村山日記

第10回ヘルシーソサエティ賞

第10回ヘルシー・ソサエティ章授賞式がパレスホテル東京で開催されました。

公益社団法人日本看護協会/ジョンソンエンドジョンソングループの共催、外務省、財務省、文科省、厚労省、経産省などの後援によるこのイベント、教育、ボランティア、医療従事、など国民の健康、地域社会の福祉に様々な活動をした方々、7名が表彰されました。

麻生財務大臣、田村厚労大臣、森まさこ特命担当大臣の祝辞とともに、プレゼンターで、102歳でいらっしゃる日野原重明先生の御姿とスピーチと、受賞された方々に向け会場内600名ほどの拍手が鳴り響きました。

今年は10周年特別賞ということで、3年前の東日本大震災の際、石巻市にある民間病院で看護部長を務める方も受賞されました。

誰もがどこかしら、何かしらでがんばっている。そのことに私たちは気づいていきたいですね。

田之上いくこさんに連れて行って頂き、ふだんの生活とともに、国内外を超え活動されている方々のお話しが聞くことができ、さらに日々精進しようと思いました。







かみまち弓子の東村山日記

防犯会議と授業参観

今日は防犯会議、次女の授業参観、保護者会、保育園三役&実行委員会と、連続でした。

先週の学童卒所お別れ会、学童役員会、学保連、保護連運営委員会、長女授業参観、保護者会、三女保育園懇談会と、様々な会が続きますが、どこの場でも、それぞれに、しっかりみなさんがんばって責任を全うしているので、身が引き締まります。

周りの子どもたちみんなの成長を、それぞれみんなで見守っていきたいと思います。


かみまち弓子の東村山日記

ビーズ生徒さんのお子ちゃまがモデルさんに



立川、多摩センターでビーズ講習を受け持たせて頂いてるなか、ドイツから帰国されるごとに、たびたびビーズ店頭講習にご参加いただくMさん。

そのお子さんのYちゃんが、カタログ誌に登場しています😃

お母さんのMさんから頂いた写メがとってもかわいらしいので許可の元に紹介しちゃいます₍˄·͈༝·͈˄₎◞ ̑̑ෆ⃛

Mさん、Yちゃん、そしてドイツのダーリンと国を超え、またもうすぐ2歳になるYちゃんや、80代のご婦人方まで、世代を超えて手づくりを楽しむビーズ空間。

消費税が上がり、物価も上がり、生活が苦しくなるからこそ、昔から受け継がれているハンドメイドを、私たちも大事にして、これからの世代の方々に引き継いでいきたいと思います。

かみまち弓子の東村山日記