東村山中央公民館でヒップホップダンス交流会

今日は運輸事務仕事の後、東村山市中央公民館で、子どもたちが所属するダンスサークルHIP、MJ、MH+のダンス交流会イベントでした。

今日のちびまる子ちゃんで、MH+が出演したお台場でのピーヒャラダンス選手権の様子が流れたり、来週9月7日(日)の放映ではMH+の投稿動画がちびまる子ちゃんので流れます♪

それにあわせ、4時間に及んだダンスイベントは、まずはちびまるこちゃんのぴーひゃらダンスからスタート。イベント開始から終わりまで、盛り上がりました。

先輩ダンサー、サークル所属メンバー90名ほどが入れ替わり立ち代り踊った4時間。

がんばること、がんばり続けること、周りに感謝の気持ちを忘れずにいることの大切さをたえず教え続けてくれる先輩方や先生、代表、副代表や支える皆さんに感謝します☆



かみまち弓子の東村山日記


ヤギによる除草実験

ビーズ講習の仕事で、毎月訪れる多摩市。

ユザワヤや三越の入るココリアビル前の草地では、都市部ではあまり見かけないヤギによる除草実験が行われています。

ヤギ除草は草刈機や刈草の集積、運搬、焼却が不要で化石燃料を使用しない環境にやさしい除草手法として注目されていいるそうですが、何よりも黙々と重たい荷物を抱え歩くと「メェ~」という、鳴き声に、すぐさまその声の主を探してしまうのは、周りの方々も同じようで、思わず目が釘付けになりました。

そうした取り組みは、環境について喚起しながら、記憶に残るものになりますね。





かみまち弓子の東村山日記

保育園保育要求会議とわがまち花火大会

昨日は市への保育園保育要求を会長、副会長の三役で6時間会議した後は、毎年恒例わがまちの花火大会夏祭りでした。

久米川駅前の阿波踊りも盛大に行われていたようですし、乳幼児から高校生の子どもたちの親みんなで顔を付き合わせ、食べ、飲み、語り、盛り上がるのは祭りの醍醐味ですね。



かみまち弓子の東村山日記



武蔵野丘陵凧上げ大会

昨日午前10時から多摩湖そばで、武蔵野丘陵凧上げ大会が開かれました。

東村山、東大和、武蔵大和三市合同で、わが倫理法人会ブースもあり、子どもたちは凧の絵を描き、作ってもらい、お手製の凧を上げ楽しい一時を過ごさせて頂きました。

日本の伝統を伝承する会の皆様と、こうした催しを開催してくださる皆様に感謝致します。





かみまち弓子の東村山日記

600名が駆けつけた結婚披露パーティー

昨日、都庁前の京王プラザホテルで、西沢圭太都議と田之上郁子前都議の結婚式および披露パーティーが行われ、600名あまりの大勢の方々がお祝いに駆けつけました。

誘導責任者の宮内さん、檜山さんの元、微力ながら誘導のお手伝いさせていただき、大勢の方の祝福の笑顔に包まれた会場は、笑いと感動に包まれました🎊

困難な道だからこそ、2人で寄り添い、歩みゆくお姿に嬉しい思いです。

お2人で歩まれる道が、ますます末永く光り輝きますように✨





かみまち弓子の東村山日記

(合掌)

ニュースの第一報が入って来てから、被害が拡大しますこと、とても悲しみも深く、自然災害への無力さを痛感致しますが、広島県の土石流災害で亡くなられた方々に、心からの哀悼の意を捧げ、被災された皆様、ご家族、ご親戚、ご友人の皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

戦後69年「一つだけちょうだい」

8月15を少し過ぎましたが、戦争の終わった日から、69年が経っていますね。

年々、終戦の日に合わせた戦争を取り上げる番組や検証する番組、話題にすることが減ってきているような気がするのが、とても、この先の未来に向けて気がかりです。

そんななか、小学四年生の国語の教科書に取り上げられている

光村図書国語四上 
今西祐行作 松永 禎郎絵

『一つの花』を抜粋して、みなさんに紹介しますねーー。

ーーーーーーーーーーーーー

「一つだけちょうだい」

これが、ゆみ子のはっきりおぼえた最初の言葉でした。

まだ戦争のはげしかったころのことです。

そのころは、おまんじゅうだの、キャラメルだの、チョコレートだの、そんな物はどこへ行ってもありませんでした。

毎日、てきの飛行機が飛んできて、ばくだんを落としていきました。

町はつぎつぎにやかれて、灰になっていきました。

ゆみ子はいつもおなかをすかしていたのでしょうか。ごはんのときでも、おやつのときでも、もっともっとと言っていくらでもほしがるのでした。

「この子は一生、みんなちょうだい、山ほどちょうだいと言って、両手を出すことを知らずにすごすかもしれないね」

そんなときお父さんは、きまってゆみ子をめちゃくちゃに高い高いするのでした。

それからまもなく、あまりじょうぶでないゆみ子のお父さんも、戦争に行かなければならない日がやって来ました。

お父さんは、にっこりわらうと、何も言わずに、汽車に乗って行ってしまいました。ゆみ子のにぎっている、一つの花を見つめながらーー。

それから十年の月日がすぎました。

ゆみ子はお父さんの顔をおぼえていません。自分にお父さんがあったことも、あるいは知らないのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーー

一人一人の、ひとつひとつのかけがえのない命。

先人たちの体験を、それが聞きにくく辛いことでも、だからこそ、自分たちの身に置き換え考え、命と暮らしを、私たちは守っていきたい、、ですね。

戦争から69年。それがまた、ゼロから数えられる日が来ないようにしていきましょう。





かみまち弓子の東村山日記

日航機ジャンボ123便墜落から29年

ゆくえふめいになってるひとが多いけど、、たいへんね、、、

今日夜中に6歳の三女が眠りながらの寝言にはっとしました。

今日は1985年8月12日、520人がお亡くなりになった日航機123便墜落から29年。

月日が流れ、時代が変わっても、安全、安心な暮らしを日々営めるのが大事ですね。

記憶を風化せず、させず、過去の出来事、事件、過ち含め歴史を私たちは忘れずに、いつまでも語り、伝えていくことを大切にしていきたいです。





かみまち弓子の東村山日記

お墓参り

山梨県白州での消防少年団の合宿から無事に帰って来た長女のおみやげの富士山チョコを持ち、父のお墓参りに家族で行ってきました。

台風の被害に遭われたみなさん、大丈夫でしたでしょうか。

東京、埼玉でも、台風で倒れた木が道路に転がり、また強風で自転車が倒れたことから怪我や事故につながるなど、様々に爪痕を残しています。

自然には逆らえないからこそ、故人や祖先に、世の中が平和であることを願い、祈り、現実社会を私たちは作り上げて行かないとですね。





かみまち弓子の東村山日記

東村山消防少年団、山梨県白州合宿



8月8.9日と長女の所属する東村山消防少年団合宿が山梨県白州でありました。

二歳前から親友のお友達や、同級生や先輩、消防団のパパ友、団長さんやみなさんの元で、ロープの訓練や飯ごう炊飯など、たくさんの経験をして、無事に帰って来ました。

団長さんや隊長さん、団員のみなさんの行動を親子で見習っていきたいと思います。

かみまち弓子の東村山日記

東村山議会報告会と子育て三法学童学習会

東村山こども議会を先日傍聴しましたが、今日は東村山市議会の報告会に家族で行き6月議会の報告を聞きました。

そして「国の新しい子ども子育て支援制度とこれからの学童保育」の学習会に、全国学童保育連絡協議会の木田会長をお招きし、OBOGにもお越し頂き、学童保育の現状とこれからについて、教えを請いました。

事前から準備をしてくださった皆様、お越し頂いた来賓、来場者の皆様、役員のみなさん、保育を担当してくださった保育園役員さん、みなさんに感謝しております。

新しい事を決める過渡期は、しんどいけれど、みんなで話し合っていけば、きっとよりよい方向へと手探りながら進んでいけるのではないかと思います。

国の基準に準ずる地方自治体の方向性と、私たち保護者の考えるガイドライン基準とを併せ持つ方向性を、探っていきたいです。









かみまち弓子の東村山日記